初参加「リスボン会議」に行ってみた

平野克己
執筆者:平野克己 2014年12月15日
エリア: アフリカ

 聞いたこともなかった「Lisbon Conference」事務局なるところから連絡がきてパネル参加を依頼され、ポルトガルのリスボンに行ってきた。会議は12月3、4日の両日、主催者団体の1つであるカルースト・グルベンキアン財団のコンベンションセンターで開かれた。ここはアルメニア人富豪の手で1956年につくられたポルトガル最大の財団で、大きな会議場とギャラリーをもっている。当日も日本書道展をやっていた。日比谷のような野外音楽堂を擁した庭園があって、散歩にはもってこいだった。私は2日目のパネル「The Sustainability of Development」で「2つの開発パターンと2つの異なるサステイナビリティ」という報告をさせてもらった。

 趣意書によると、リスボン会議は、ポルトガルの官民組織を集めて開発について話し合うため、8つの機関によって創設された。今回が第1回目で、今後隔年ベースで開催するという。8機関とは、ポルトガル商工会議所、リスボン市、カルースト・グルベンキアン財団、ポルトガル・アフリカ財団、マルケス・デ・バレ・フロー研究所、ISCTEリスボン大学、開発金融協会(SOFID)、ポルトガル語圏諸国首都連合(UCCLA)である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順