80時間世界一周
80時間世界一周(54)

カリブ海の国ハイチを選んだ007映画「舞台設定」の妙

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2009年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

 アクションシーン満載の007映画最新作「慰めの報酬」では、カリブ海の島国ハイチが登場する。ダニエル・クレイグ扮する英国諜報部員ジェームズ・ボンドが、ハイチの市街や風光明媚なハーバーで南米を拠点とする“闇の組織”と対決する場面に、観客の目は釘付けとなる。 今回の物語は、南米ボリビアの元独裁者と結託した悪の組織が、水などの天然資源をコントロールして世界市場を大混乱に陥れる陰謀を企んでいるとの設定。それを阻止するために、ボンドが縦横無尽に活躍する。旧来の“ボンド・ガール”とは異なり、ウクライナ出身の女優オルガ・キュリレンコが“闇の組織”に立ち向かう戦士として描かれ、本格的なスパイアクション映画に仕上がっている。 だが、ハイチといえば、果てしなく続く内戦と度重なるハリケーンの襲来で国土はズタズタに破壊され、とても映画のロケができるような状態ではないはず。国連安保理の決議に基づいて、現在、治安を回復させる目的で国連ハイチ安定化派遣団の多国籍軍と警察官の計約九千人が駐留している。こんな国で本当に007映画を撮影したのかと疑ってみたところ、やはりロケ地はハイチではなかった。カリブ海地域ではあるものの、実際の撮影国はパナマ。運河に近い港町コロンがその場所だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順