80時間世界一周
80時間世界一周(65)

小国ジブチで火花を散らす大国たちの外交戦

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2010年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ

 山々の峰を飛び越え、ゴツゴツとした岩肌ばかりが続くかと思うと、突然、砂漠が眼前に現れる。その先に広がるのは、どこまでも真っ青な海だ。エチオピアの首都アディスアベバから、飛行機で「アフリカの角」と呼ばれるアフリカ東北部の一角、旧仏領のジブチ共和国に向かう。日本からの直行便はないため、アディスアベバを経由して、エチオピア航空やケニア航空で入るのが一般的だ。 この小国に降り立つと、アフリカ大陸が背負わされた過酷な現実を肌で感じる。灼熱の太陽、微粒子が容赦なく吹き荒れる砂嵐、そして生命を維持するための飲料水を確保する困難さ。一日を無事に生き抜くだけで、どれほどのエネルギーを消耗してしまうことだろう。 ジブチはアデン湾に面した小国で、面積は四国よりやや大きい程度だ。人口は約八十三万人。農業や製造業はなく、国家の収入源は、フランス軍の駐留経費や、内陸国エチオピアへの貿易の物流拠点としてもたらされる外貨だ。天然塩の産地として知られるアッサル湖は誠に美しく、神秘的な魅力に包まれているのに、国際定期便が整備されていないため海外から観光客を呼び寄せられない。 自給自足の遊牧民を除けば、食料、飲料水、生活用品はすべて海外から調達するため、生活費がかさむ。首都には高級ホテルもあるが、生活用水は海水を濾過しており、シャワーをひねると深みのある塩味がする。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順