クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

米大統領選と江戸城大奥

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2000年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 一度だけアメリカ大統領選挙の投票現場を見たことがある。場所はニューヨーク州北部の大学町で、ケネディvs.ニクソンのときだから古い話である。 小学校(だったと思う)の廊下の隅に、電話交換台を少し小さくしたような投票機があり、半円形に張り出したカーテンが、左右に開いている。投票する人が入ると、その背後でカーテンが自動的に閉じる。すなわち秘密投票である。 投票機には、小さいレバーが横二列に並んでいる。一つ一つのレバーの上に大統領・副大統領、連邦上院議員、下院議員から州上下両院議員、町の郵政長官までの役職名が書いてある。二列のレバーの左端には民主、共和とある。民主党または共和党のどちらかのレバーを右に捻ると、その列のレバーが全部、一斉に右に曲がる。カーテンが開く。一字も書く必要ない。投票結果は投票機内に記録される。 居合わせた選管の人は一人か二人で、立会人なんていない。「大統領は共和党に入れるが町の郵政長官は民主党にしたい場合はどうなりますか」と訊いてみた。選管の人は「この郡はストレート・チケット(党公認候補の一括選択方式)です」と答えた。 寮に帰ってルームメートに「民主か共和以外の候補者に入れたい人はどうする?」と聞くと「泡沫候補はどうせ勝てないから数えない。数える郡もあるけどね」と言った。アメリカの大統領は、何人もの候補者の中から一人をelectするのではなく二者択一、二人のどちらかをchooseするだけなのだと初めて知った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順