トニー・ブレアの道

名越健郎
執筆者:名越健郎 2003年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 社会民主主義でも自由主義でもない「第三の道」を掲げ、スマートな風貌や巧みな話術で飛ぶ鳥を落とす勢いだったトニー・ブレア英首相の評価が低落している。経済的な苦境で「第三の道」は「第三世界への道」(保守党幹部)と皮肉られた。パワフルな弁護士、シェリー夫人のマンション購入で不正があったとする疑惑も、大衆紙で連日報じられている。 イラク問題では、国内でも反戦論が強いのに、ブッシュ米大統領に常に同調するパフォーマンスが、国内や他の欧州首脳の不評を買い、欧州連合(EU)のはみ出し者扱いされ始めた。 ブッシュ大統領とブレア首相が首脳会談を行なったあと、共同記者会見に臨んだ。 司会者が両首脳を紹介した。「左がブッシュ大統領、右は大統領の通訳です」 米英首脳会談を報じる新聞が、写真のキャプションをこう付けた。「左がブッシュ大統領、右は大統領の愛犬」 ブレア首相に記者団が質問した。「イラクが提出した大量破壊兵器開発の申告書をどう評価しますか」 首相は慌てて側近を呼び、小声で尋ねた。「ブッシュ大統領はそれについて、どうコメントしたのか」 英議会でイラク攻撃反対派議員がブレア首相に詰め寄った。「オサマ・ビン・ラディンがまだ生きているのに、なぜサダム・フセインを先につぶす必要があるのか」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順