クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

追いかけてくる老人超大国

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2004年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 戦争が済んで六十年近く経つのに、シナ人は日本を軍国主義だと見ている。ことあるごとにそう言い、いわゆる「歴史カード」を執念深く切る。人間が記憶をそんなに長く引きずっていいのなら、私が昔の「上海の電信柱」を語るのも許されるだろう。 この間まで中国政府に招かれる政治家や言論人は、みな親中派だった。北京空港で学童の「熱烈歓迎」を受け、人民大会堂で周恩来総理と会談(というより引見され)、当時すでに横浜では珍しくなかった「本場の中華料理」を供され、感激して帰ってきた。それは彼らの政治上、言論上の実績になった。 一同が安楽椅子に座り横一列に並んだ記念写真が、朝刊の第一面に載った。各自の足元に置いた痰壺も、一緒に写っていた。私は見るたび新聞を裏返した。朝食のテーブルに痰壺を出されちゃ堪らない。近頃の写真からは消えたようだが。 昭和十一年(一九三六)に小学校に入った私が上海へ三度行ったのはその前、一九三四年か五年頃である。母方の叔父が向こうで商売していた。上海神社で挙げた彼の結婚式にも連なった。 私の上海の記憶は、何よりもテカテカに光る電信柱である。どれもこれも肩よりやや低い部分が燦然と輝いていた。「触りなさんな」と、祖母が厳しく注意した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順