国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(67)

日本列島に辿り着いた人々

関裕二
執筆者:関裕二 2015年10月13日
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 2015年ラグビーワールドカップでベスト8入りこそ逃したものの、日本は南アフリカを破り、歴史的快挙と称賛された。大会出場チームの中で最も体の小さな日本が、優勝候補の強豪チームを打ち倒したのだ。しかも、これまでワールドカップで1勝しかしていない日本が、である。
 日本のラグビーの歴史は、体の大きな相手といかに闘うか、その研鑽工夫の日々だった。大西鐵之祐(元ラグビー日本代表監督、早稲田大学ラグビー部監督)は「展開、接近、連続」の理論を打ち立て、これを実践し、昭和43年(1968)年にラグビー王国ニュージーランドに遠征した際、オールブラックスジュニアに23対19で勝利し、世間をあっと言わせた。「ジュニア」とはいえ、ニュージーランドにとっては、屈辱的な出来事だった。さらに3年後、来日したイングランド代表を、3対6のスコアまで追い詰めた。
 現ラグビー日本ヘッドコーチのエディ・ジョーンズ(母は日系アメリカ人2世)も、大西鐵之祐と同じ宿題に取り組み、南アフリカ戦でその成果を見せたのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順