【月】大統領の電話、巨大地震対処、
   ジンバブエ、小説、福島「食用米」、
   露ソフトウェア

執筆者:フォーサイト編集部 2017年11月20日
カテゴリ:

金曜から週末にかけて、以下の5本の記事をアップしました。

米兵未亡人の怒りをかった「大統領の電話」と「封印された棺」(ニューヨーク発 トランプのアメリカ・青木冨貴子さん):ニジェールで殉死した米兵の妻に心ない言葉を放ったトランプ大統領。兵士の気持ち、遺族の哀しみに寄り添えない言動に批判が集まっています。

 

「巨大地震」対処のための非軍事「国家総動員体制」を構築せよ(安全保障の部屋・林吉永さん):自衛隊の大きな任務である災害対処。ところが「南海トラフ巨大地震」の想定を考えた時、今の倍の規模がないと、とても対処できない可能性があるのです。

 

ジンバブエ「軍事クーデター」引き金はムガベ大統領「夫人」(アフリカの部屋・白戸圭一さん):ジンバブエで起こった軍事クーデター。革命の英雄であり、有能な政治家だったムガベ大統領が、善政から逸脱してしまった裏には、グレース夫人の存在がありました。

 

連載小説 Δ(デルタ)(31)(杉山隆男さん):乗っ取られた巡視船「うおつり」」が爆破されるのではないか――唯一自由の身の海上保安官が、捕えた中国人兵士と繊細を捜索中、何かがはじけたような甲高い音が続けて聞こえた。上陸の合図だった。

 

「食用米」復活へ模索続ける「飯舘」「南相馬」の篤農家たち(寺島英弥さん):いまだ風評と厳しい戦いを繰り広げながら、飯舘村と南相馬市では、確実に「食用米」復活への努力が続けられています。

 

そして本日の更新記事は、小泉悠さんの好評連載「サイバーウォー・クレムリン」第8回「ロシア『ソフトウェア』の驚くべき『不都合な真実』」です。ロシアが使用するソフトウェアの大半は西側の製品。情報安全保障の観点から、これを「国産化」しようとしていますが、うまくはいかないようです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top