南仏ニース「トラック暴走テロ」から1年半(下)本当に「ジハード」だったのか

国末憲人
執筆者:国末憲人 2018年2月14日
エリア: ヨーロッパ 中東
犯人ブフレルのフランス居住許可証(C)AFP=時事

 

 欧州のイスラム過激テロは、たとえそれが小規模でも、本当の一匹狼によるものは少ない。多くの場合、テロリストは他の過激派仲間と頻繁に連絡を取り合い、緩やかなネットワークの一翼を担っている。彼らは、単独犯としてジハードを完遂するほどの技術も度胸も宗教心も備えていない。仲間から励まされ、支援を受けながら、何とか一人前のジハード主義者となって、テロに及ぶ。

 このような仲間の影響を受けたために、モハメド=サルメン・ラフウェジ=ブフレルもイスラム教、さらにはジハード主義に開眼したのではないか。そのような仮説は当然ありうる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
クローズアップ
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top