動かない企業統治改革

執筆者:フォーサイト編集部 2012年8月2日

  本日の更新記事は、磯山友幸さんの「『大山鳴動鼠ゼロ匹』で終わる企業統治改革」です。会社法見直しのための法務省法制審議会で、「社外取締役の1人以上の義務付け」は、日本経団連など経済界の反対で、あっけなく棚上げ。オリンパス事件や大王製紙事件など、経営者自身が関わった不祥事が相次いで表面化し、経営者の暴走を防ぐ手立ての必要性が叫ばれているにもかかわらず、経済界自身が襟をただそうとする姿勢を示すことはありませんでした。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

 「高速鉄道事故一年の報道管制にみる過剰反応」(中国、野嶋剛さん):高速鉄道事故から1年。中国メディアには当局からの必要以上の締め付けがかかり、メディア関係者、読者(中国の国民)の不満が高まっているようです。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top