予測されていた人質事件

執筆者:フォーサイト編集部 2013年1月22日

本日の更新記事は、春名幹男さんの「インテリジェンス・ナウ 予測されていたアルジェリアの人質事件」です。フランスが昨年12月、アルジェリアに対して、マリを本拠とするテロ組織の脅威を警告していた、とフランス誌は伝えています。つまり、マリのイスラム原理主義組織を攻撃すれば、アルジェリアの外国資本が報復攻撃を受けることは予測されていました。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「第2期オバマ政権で存在感を増す『バイデン副大統領』」(足立正彦さん)の新エントリ。かつては地味な印象しかなかったバイデン副大統領を、改めて評価する報道が目立つようになってきました

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top