イギリスを悩ませるムスリム社会との“距離”

執筆者:サリル・トリパシー 2005年8月号
タグ: イギリス
エリア: ヨーロッパ

イスラム教徒に対し穏健な政策をとり続けてきたイギリス。その姿勢は変わるのか――。[ロンドン発]ロンドン市内で起きた同時多発テロを受けて、イギリスのイスラム教徒(ムスリム)社会は当分の間、わずか数人の、しかもイギリス人でさえないかもしれないテロリストのために、針のむしろに座らされることになる。 テロから一夜明けた八日は、イスラム教徒にとって礼拝日の金曜日だった。ロンドンのモスク周辺には、怒気を含む陰鬱な空気がたちこめていた。地下鉄が爆破された現場のひとつに近いオルドゲイトのモスクでは、三十歳の店員、アシフ・マジドが、筆者にこう噛みついてきた。「なにをのこのこ出かけてきたんだ。どうしてこんなことが起きるのかなら、ブレアに聞けよ!」。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top