インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

日本をやたらと責めるけれど米国「対中」防諜のお粗末さ

 四月末、ワシントンで開かれた日米防衛首脳会談などで久間章生防衛相は平謝りだったようだ。 ブッシュ米大統領の対イラク開戦は「判断が間違っていた」などと、率直すぎる「失言」を繰り返した防衛相。海上自衛隊の二等海曹(三三)によるイージス艦情報漏れ事件で、ゲーツ米国防長官らの怒りを買った。 結局、日米は「軍事情報に関する一般的保全協定」(GSOMIA)で合意し、その場をしのいだが、この事件をめぐる日本側の対応はどこかおかしい。 三月に発覚したイージス艦情報漏れ事件は実は、重大な事実がまだ確認されていない。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男 1946年京都市生れ。国際アナリスト、NPO法人インテリジェンス研究所理事。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授、早稲田大学客員教授を歴任。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『米中冷戦と日本』(PHP)、『仮面の日米同盟』(文春新書)などがある。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top