不法滞在者「五年で半減」の実態を追う

執筆者:出井康博 2009年5月号
エリア: アジア

 日本に不法滞在する外国人が急速に減っている。法務省入国管理局によれば、二〇〇九年一月一日現在、その数は約十一万三千人と、五年前と比べ半分近くまで減少。〇四年から入管当局が始めた「不法滞在者五年半減計画」が、数の上ではほぼ達成された格好だ。 とりわけ〇八年には、一気に四万人近い不法滞在者が強制送還された。その背景には秋以降、急激に悪化した景気の影響もある。不法滞在者の大半は、韓国や中国、東南アジア諸国出身の不法就労者だ。不況で職を失った彼らの多くが、日本での生活に見切りをつけ、強制送還される道を選んだと思われる。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年、岡山県生れ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)を経てフリーに。著書に、本サイト連載を大幅加筆した『ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『松下政経塾とは何か』(新潮新書)など。最新刊は『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top