アル・カエダと中国を結ぶ「赤黒い糸」

執筆者: 2002年1月号
タグ: タリバン 中国

 中国とテロ組織アル・カエダが裏でつながっていたという情報が米国で次々に出ている。 米国人ジャーナリスト、ゴードン・トーマス氏の近著『発火の種』によると、同時テロの起きた九月十一日、中国人民解放軍代表団が輸送機で秘密裏にカブールに到着。タリバンが中国北西部のイスラム原理主義過激派への支援を中止する見返りに、中国がタリバンに対空システムやミサイル追跡装置を供与する合意文書に調印したという。実際に供与されたかどうかは不明だが、同氏は「合意はビン・ラディンがタリバンに求めた」と書いている。 またアフガンの部族勢力は、アル・カエダの拠点だった東部トラボラ地区の洞窟で、大量の中国製兵器や弾薬を発見した。多くは一九八〇年代のソ連軍侵攻時代に供与された兵器とみられるが、ワシントン・タイムズ紙によれば、新鋭の中国製携行型ミサイルSA7もあり、中国が近年供与した可能性がある。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top