「運慶 快慶 定慶そして――」慶派仏師「作風」の見極め方

執筆者:フォーサイト編集部 2018年11月15日
エリア: 日本
右が定慶自身が手掛けた《准胝観音菩薩立像》。観音菩薩立像それぞれの「個性」が楽しめるのは6体揃った群像だからこそ。現在は光背が取り外され、美しい後ろ姿を見ることができる 撮影:広瀬達郎
 

 運慶(1150頃~1223年)と並び称される鎌倉時代を代表する仏師・快慶(生年不詳~1227年以前)。運慶の作風を受け継いだ弟子・肥後定慶(ひごじょうけい、1184~1256年以降)、そして快慶の一番弟子・行快(生没年不詳)――。承久2年(1220)に開創された古刹・大報恩寺(京都市上京区)には、これら慶派仏師の名品が現在でも数多く残る。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top