人類「火星滞在」に警鐘「宇宙模擬実験」の驚愕体験レポート(中)

執筆者:フォーサイト編集部 2019年2月11日
エリア: 北米 日本
北極圏「FMARS基地」での船外活動(筆者提供、以下同)

 

 2016年から翌年にかけて火星模擬居住実験「Mars160」に参加した村上祐資さん(40)の前に、個性派揃いのチームが現れた。まさに「過ぎたるは及ばざるが如し」という表現がピッタリな面々。

 それを物語るのが、シロクマ対策を巡る以下の顛末である。ただしここで語られるクルーの姿はあくまでも村上さんの視点から捉えたものだということを、予め断っておきたい。

シロクマがデビルのような存在に

「出発前のSkype(インターネット電話)会議で、FMARS基地でシロクマが出た時のルールを決めておこうという話になったんですね。と言っても、誰もシロクマに遭遇したこともなければ、退治したこともないので、本当のところはみんな分からない。それでも調べるのは得意で、問題を棚上げにできない人たちなので、真剣な議論がはじまりました。シロクマがこういう表情や動きを見せた時は、こういう気持ちになっているらしい、こういう時は銃で撃った方がいい、と。すると、どんどん話が極端になっていき、いつしか彼らの中でシロクマがとんでもなく恐ろしいデビルのような存在になっている。僕は“そんなことないぞ~”と思いながら黙って聞いていましたが、議論を重ねれば重ねるほど常軌を逸したチームになっていった」

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top