寒い国から来るスパイ

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年8月17日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア

 7月3日のメドベージェフ・ロシア首相の北方領土・国後島視察で、日露関係は再度冷え込むかにみえたが、7月28日のソチでの玄葉外相とプーチン大統領の会談後、多少好転している。今秋、同大統領に近いパトルシェフ安全保障会議書記が訪日する予定であることもその現われだろう。

 在京ロシア筋によれば、パトルシェフ氏は日本側と東アジアの安全保障問題や密漁対策、情報交流などを討議する。訪日すれば、野田首相と会談する可能性もある。訪問準備のため、安保会議のルキヤノフ副書記が9月に訪日するという。

 サンクトペテルブルク出身のパトルシェフ氏は、サンクト派のシロビキ(武闘派)に属する。プーチン大統領とは旧ソ連国家保安委員会(KGB)の同期で、若い頃KGBレニングラード支部で一緒に働き、親交を深めた模様だ。

 プーチン氏が大統領府監察局長になった1998年にペテルブルクから招かれ、監察局次長に就任。プーチン氏が99年にKGBの後継機関、連邦保安局(FSB)長官になると副長官。プーチン氏が2000年に首相になると、後任のFSB長官に起用された。8年間スパイ組織のトップを務めており、アンドロポフ元KGB長官に次ぐ長さだ。08年のプーチン大統領の首相転出に伴い、実力派閣僚らで構成する安保会議の書記に就任した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順