欧州サッカーと中東マネー

執筆者:フォーサイト編集部 2013年4月22日

先週末に平井久志さんの「北朝鮮『危機』の深層(下)『出口』への模索」をアップロードしました。金正恩氏は振り上げた拳をどこで下ろすのか。2005年の「9.19共同声明」がポイントになるかもしれません。

本日の更新記事は、星野智幸さんの「世界で起こることはすべて、サッカーでも起こる(4)欧州リーグと中東マネー」です。欧州サッカーを席巻する中東マネー。カタールは9年後の自国開催のワールドカップを見据え、貧困国からの優秀選手の青田買いを始めています。

「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

今や『BICS』ロシア経済減速で首相更迭も」(ロシア、名越健郎さん):かつて「BRICS」を持て囃したゴールドマン・サックスは、新興国の中から経済不振のロシアを外し、「BICS」と呼び始めました。メドヴェージェフ首相が詰め腹を切らされるかもしれません。

華人企業家に『正しい納税』を求めたアキノ大統領」(東南アジア、樋泉克夫さん):当たり障りのない挨拶で済ますのが通例の会合での出来事。アキノ大統領は中々の腹芸の使い手のようです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順