クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

戦場に行く人 行かずに論じる人

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2005年1月号
カテゴリ: 国際

 単に「香田さん」では、もう通じない方があるはずだ。イラクに行って人質になり、ビデオで「もういっぺん日本に戻りたいです」と言ったのを最後に殺され、遺体を路傍に捨てられた香田証生さん。そう言えばようやく「ああ、あの人」と思い出してもらえるだろう。 Tシャツに短パン、無防備・無警戒で戦場に入っていった二十四歳の若年非職者。すぐ忘れてしまって構わない、イラク戦争の一挿話。香田青年は、日本人からそういう眼で見られた。だが、それが彼の物語のすべてなのか? 米軍がファルージャで香田さんの旅券を拾った。テロ指導者ザルカウィの一派は、手に入れた日本青年をファルージャのスタジオ兼アジトに連れていき、黒覆面の男三人で取り巻いて撮影し、そそくさと殺したのだろう。 彼らはイギリス人マーガレット・ハッサンも、同じような「儀式」の後で殺した。イラク人と結婚し、何十年もイラクで人道的支援に献身してきた女性である。殺してよい理由など、一つもない。彼女はカメラの前で泣いて訴えたが、結局は殺された。 米軍のファルージャ掃討により、ザルカウィは死んだのか逃げたのか、少なくとも手兵の一部または大部分を失ったらしい。人質の誘拐・撮影・斬首は、いまのところ熄んでいる。いまなら香田青年が行っても、危険度は少し減っていたところだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順