クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

情けは人のためならず

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2013年12月10日

 新聞社の特派員として私がバンコクに駐在していたときの話である。1960年代の後半。土曜日の午後、われわれ外国人特派員は、サマセット・モームゆかりのオリエンタル・ホテルが提供した客室「記者クラブ」に集り、悠揚たるチャオプラヤ川を眺めながら夕方までを飲んで過した。それは情報交換の場でもあった。

 英語を喋れるタイ人記者も来た。かなり酒が回った日のこと、タイ記者の1人が私に質問した。

「日本人は賢い民族だ。テープレコーダーでも何でも、最高のものを作る。それなのになぜ、風が吹いただけで人が何人も死ぬんだ」

 

 私は即答できなかった。結局「台風を食らったことがない者には分からんよ」としか答え様がなかった。

 バンコクには、台風がまず来ない。地震もない。ただ雨季には、向こうから雨のカタマリが近付いて来るのが見えるだけである。

 11月にフィリピン、レイテ島あたりを襲った台風30号の凄まじさ。ジェーン台風(1950年)その他の台風体験のある私にも、瞬間風速90メートルという風は、理解できなかった。

 11月末で死者5632人、行方不明1759人。見渡す限り倒れた家々。その瓦礫の映像。あれでは、誰かが行って助けなければどうにもならんわと思った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順