騎士道精神の復活を訴えたウィーバーの近代否定

会田弘継
執筆者:会田弘継 2005年12月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

「思想は必ず実を結ぶ(Ideas have consequences.)」 ネオコンの牙城といわれるワシントンの保守系シンクタンク、アメリカン・エンタープライズ研究所(AEI)で安倍晋三・自民党幹事長(当時、現官房長官)が英語で講演し、このフレーズを口にするのを聞いたとき、「誰が入れ知恵したのかな」と、思わず苦笑してしまった。 アメリカの保守政治活動家らが最も好んで使うフレーズだからだ。二〇〇四年春のことである。 この句があまりに安易に保守派政治活動にかかわる若者らに使われるので、ブッシュ大統領の選挙参謀カール・ローブらを育て上げた、古参の保守政治活動家モートン・ブラックウェル(一九三六―)は「思想は行動を起こさなければ実を結ばない」をあえてモットーにしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)など、近著に『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top