【木】日本・トルコ関係、米国の移民問題

執筆者:フォーサイト編集部 2014年2月13日

本日の更新記事は、西川恵さんの「饗宴外交の舞台裏(188)異例の歓迎でようやく“実態が伴った”日・トルコ関係」です。1890年のエルトゥールル号遭難事件以来、長年、友好国でありながら、政治、経済、文化的関係の実態が追いついていないと言われ続けてきた日本とトルコ。3度の首脳会談を通じて、やっと実態を伴った関係になったようです。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「移民問題から見る米国政治(上)『13%』『4200万人』の重み」(武内宏樹さん)の新エントリ。アメリカは移民国家ですが、「いつの時代」も「同じように」移民を受け入れてきたわけではありません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順