80時間世界一周
80時間世界一周(20)

非常事態宣言下に見た「マニラの平和」

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2006年4月号
カテゴリ: 国際

 週末、日本からフィリピンの首都マニラに向かうフライトは、いつものようにほぼ満席であった。大部分は、中高年の日本人ツアー客と、里帰りするフィリピン人女性だ。空港からホテルまで渋滞も無く、思ったより早く到着した。ホテルも満室状態で、チェックイン・カウンターから宿泊客の人波は途絶えることがない。ロビーはゴルフバッグを担いだ韓国人団体客でごった返している。部屋の窓から太陽がさんさんと降り注ぐ街中をのぞくと、いつものようにショッピングセンターへ大勢の人が吸い込まれていく。これは二月二十四日、アロヨ大統領が非常事態宣言を発した当日の、マニラ市内の一コマである。宣言が発令された時、筆者はちょうど機中におり、発令を知る由もない。 チェックインの段階で、数名から連絡が欲しいとのメッセージが届いており、不吉な予感に襲われる。ホテルの部屋から現地の知人に電話して、初めてフィリピン全土が非常事態宣言下にあることを知った。テレビのスイッチを入れると、装甲車が出動し、デモ隊と治安部隊がもみ合うニュース映像が飛び込んできた。CNN、BBC、NHKも同様の緊迫感漂うニュースを流していた。いったいどこで発生している事件なのか。狐につままれたとは、まさにこのような状態を指すのであろう。それほど市内は平穏であった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順