【水】ボコ・ハラム、メルケルの古地図

執筆者:フォーサイト編集部 2014年5月14日

本日の更新記事は、白戸圭一さんの「『ボコ・ハラム』はなぜ多数の女子生徒を拉致したのか」です。拉致の目的は、当局に拘束されているメンバーの釈放。インターネット世論の影響でオバマ米大統領が介入に言及したことで、世界中の注目を集めるに至ったと言えそうです。白戸さんの過去の関連記事もご一読ください。

 

「ボコ・ハラム」( 2011年2月8日) http://www.fsight.jp/10217

「『ボコ・ハラム』報告書を読んで考えたこと」(2012年2月1日) http://www.fsight.jp/11175

 

「専門家の部屋」では、「日本外交」に「『古地図』で習主席に『ギャフン』と言わせたメルケル」(春名幹男さん)の新エントリ。そのココロは「チベットだって尖閣だって、中国の領土とは書いてないわよ。あんまり滅茶苦茶なこと言うんじゃないの!」ということです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順