ワシントンDCで日本とアフリカについて話し合う

平野克己
執筆者:平野克己 2014年6月17日
エリア: アフリカ

 ワシントンDCに行ってきた。心臓発作を起こす前に、ブルッキングス研究所開催のイベント「日本のアフリカ政策:援助パラダイムの再考」にパネリストとして招かれていたのだ。だから、リハビリにおいても今回の出張がひとつの目処だった。

 依頼がきたのは、ブルッキングス研究所で日本研究を担当しているミレヤ・ソリスという女性研究員からで、昨年度までJICAワシントン所長を務められていた中澤慶一郎氏がつないでくれた。
 しかしこの話がきたとき、正直かなり驚いたのである。中国のアフリカ政策については世界中で企画がうたれてきたが、日本のアフリカ政策をテーマに掲げたものは、日本国内を除けば聞いたことがない。それをワシントンDCで、しかもブルッキングスがやるというのだ。ソリス氏の言ではまったく初めての企画であるらしい。だから、入院した当初からこれだけはなんとしても行こうと決めていた。医者からもOKをもらった。

 ワシントンDCにはブルッキングス研究所はじめ名だたるシンクタンクが軒を連ねている。みな米政府との関係は親密で、世界中から優秀な人間が集まっている。情報に携わる仕事のなかでは、ある意味檜舞台だ。そのワシントンでここ数年、日本研究のプレゼンスが一貫して低下していて、一方中国研究は隆盛をきわめているらしい、という話は仄聞していた。私たちの研究所がやっているような地味なタイプの地域研究もアメリカではとうに下り坂だから、アジア経済研究所としてもコンタクトが乏しい世界である。それもあって興味をそそられた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順