「独中同盟」は西側のリスク要因と化す

佐藤伸行
執筆者:佐藤伸行 2014年7月15日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
 北京で中国の習近平国家主席(右)と握手するドイツのメルケル首相 (C)EPA=時事
北京で中国の習近平国家主席(右)と握手するドイツのメルケル首相 (C)EPA=時事

 メルケル・ドイツ首相は7月上旬、中国を訪問した。メルケルの「北京詣で」は2005年の首相就任後、7度目となった。

 昨年12月に発足した第3次メルケル内閣は、与党間で合意された連立協定で「対日友好関係はドイツのアジア外交の重要な支柱」と宣言しているだけに、日本との兼ね合いから、中国との新たな「間合い」がはかられるのかどうか注目されたが、中国の人権問題に対するメルケルの言及は形ばかりの空疎なものであり、ビジネス最優先で中国との戦略的互恵関係を維持するドイツの「国是」が変わるような兆しは全く見えなかった。

 ドイツとの関係を一層強化して対日牽制カードに使う中国の思惑はあえて言うまでもないが、中国は欧州連合(EU)最強国となったドイツを抱き込むことで欧米陣営に離間のくさびを打ち込む戦略でもある。「独中同盟」は国際関係のリスク要因としてウォッチしていく必要がある。

 

「新シルクロード」

 今回のメルケル訪中に際しては、例によって経済界要人も大勢随行し、大型投資契約が次々に調印された。その最大案件は、自動車最大手フォルクスワーゲン(VW)が計約20億ユーロを投じて新たに山東省・青島と天津市の2カ所に大型工場を設置するプロジェクトだ。2017-18年に操業を開始し、それぞれ年間50万台の生産台数を見込んでいる。青島は第1次大戦まで帝政ドイツの租借地であり、中国は大戦勃発100年に当たる今年、ドイツの「旧植民地への回帰」を祝ってみせた図柄とも言える。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐藤伸行
佐藤伸行 追手門学院大学経済学部教授。1960年山形県生れ。85年早稲田大学卒業後、時事通信社入社。90年代はハンブルク支局、ベルリン支局でドイツ統一プロセスとその後のドイツ情勢をカバー。98年から2003年までウィーン支局で旧ユーゴスラビア民族紛争など東欧問題を取材した。06年から09年までワシントン支局勤務を経て編集委員を務め退職。15年より現職。著書に『世界最強の女帝 メルケルの謎』(文春新書)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順