クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

サダムより難題 東アジアの独裁者

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2007年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 朝鮮半島

 民主主義は、政治から詩を奪った。古代ローマの独裁者ジュリアス・シーザーは、生前すでに文句の付けようない英雄で、元老院で刺されて死んだ死に方もまた英雄的だった。 秦の始皇帝は、隣国すべてを滅ぼし、書を焼き学者を生きながら埋めた。東海の蓬莱山に不死の薬を得んと欲して果たさず、巡幸中に病没した。彼の生死には、太陽の昇って沈むに似た威容がある。 不慮の死と病死を問わず、独裁者の最期は、詩にして朗唱するに足る。人間一人ひとりの賢愚貴賎に目をつむり、一人を一票に還元してしまい、頭数によって決める民主主義の指導者は、詩にならない。元総理大臣や引退して牧場主になる大統領など、みな散文的で退屈な生涯を送って終わる。見ていて少しも感動しない。 ところがここに絶対的な権力者であったにもかかわらず、かつて自分が治めた民によって裁かれ、絞首刑を言い渡された珍しい独裁者がいる。サダム・フセイン(六九)である。考えてみたが、記憶するかぎり先例がない。セルビアのミロシェビッチは、国連の国際戦犯法廷で裁かれているうちに、法廷の所在地オランダの独房で死んだ。 防弾ガラスに囲まれた被告席のサダムは、終始挑戦的だった。少しも悪びれることなく、言いたいことを言った。この裁判はアメリカの陰謀であり、正当性がない。私は大量破壊兵器を持たなかった。吾は一方的な侵略者と戦って敗れたイラク兵士である。死刑にするなら銃殺してくれ云々。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順