クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

「ヤミ市の雄」だった人々

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2003年1月号
カテゴリ: 文化・歴史

 これは昔われわれが、コリアンを差別したかどうかとは別の話である。差別した、強制連行したと言いたい人は、言い続けて下さって結構である。 戦時中の私は旧制中学(五年制)の生徒で、勤労動員され西大阪の鉄道局倉庫で働いた。何度も空襲を受けた、危険な軍需産業地である。学校として行くのだから、断るすべはなかった。手っ取り早く言えば強制連行だが、今日に至るも私は抗議や賠償請求をしていない。国家は総力戦の最中だし、国民が生命の危険を冒すのは当然である。ついでながら、当時コリアンも日本国民だった。 ここで私が話したいのは、戦中ではなく戦後のことである。戦争が終わったとき、大阪駅前は焼野原になっていた。昔は旅館が並んでいた。旅館に泊まらぬまでも、座敷に通って着替え休息し食事する旅人が多数いた。今日ではメルヘンチックな乗物だが、昔SLの牽く汽車に乗ると、襟元が煤で真っ黒になった。長距離を行く者は途中下車して旅館に寄り、下着を替える必要があった。 焼野原の大阪駅前は、みるみるヤミ市になった。大阪はコリアンが多い。彼らは「無主の土地」を闊歩した。はじめ地べたにムシロを敷いて煙草の手巻き器や真鍮のパイプを売り、やがて小屋掛けしてドブロクや「進駐軍の粉」で焼いたパンを売った。怒ると「敗戦国民ナニユウカ!」と軍靴で蹴った。当時すでにサッカーの足技に長けていた。日本人は、蹴られている同胞を見て見ぬふりした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順