クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

日本を叩き潰した宋美齢

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2003年12月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 朝鮮半島

 金正日の嫁さんが、あの道路ガラ空きの国で交通事故を起して重傷。まさかと思っていたら重病説。どっちにしろコリア女には、世界はおろか国を動かす力はない。その点では日本女性も同じで、大臣などに「起用」されはするが、残念ながら国の命運を決めるほどのスケールと力量の持ち合わせがない。 だが、シナの女は違う。百六歳でニューヨークの自邸に死んだ宋美齢は、米中という世界の二大国を動かして結びつけ、大日本帝国を叩き潰した。彼女を主人公にすれば『三国志』を凌ぐ大河小説が書ける。 一九一二年に孫文が南京臨時政府の臨時大統領になってから四九年に毛沢東の共産党が天下を取るまでのシナは「中華民国」が国名で、略して民国と呼んだ。その時期に権力を握ったというより、国政から経済・金融・軍事・産業に至るすべてを壟断したのが「四大家族」だった。蒋介石、宋子文、孔祥熙と陳果夫・陳立夫がそれで、この陳兄弟は別にCC団という結社によって権力を広げた。 四大家族のメンバーはそれぞれ要職につき、蓄財に励みつつ蒋介石の独裁を助けた。それは底の知れない腐敗であり、国家の富の横領だった。私は子供の眼で一九三〇年代中頃の上海を見たが、人力車夫の顧客争奪や天秤棒に担がれた丸裸の「売り子」など、民国の民の貧しさは悲惨だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順