【金】四面楚歌のIS、テロの標的、逆張り

執筆者:フォーサイト編集部 2015年12月4日

昨日午後、成毛眞さんの好評連載「逆張りの思考:不祥事への対応は初動で決まる」をアップロードしました。「人の噂も七十五日」とも言いますが、報道には、新しいネタが出てくる限り続きますが、続報が出てこなければストップするという特性もあります。

 

そして「専門家の部屋」の「ヨーロッパ」には、「パリ同時テロ:わかってきた『標的』(下)『11区』に集う人々」(国末憲人さん)の新エントリ。事件現場が集中する「11区」には、「ボボ」と呼ばれるインテリ左派の富裕層が多く居住していましたが、もしやその点も標的となった理由の1つでは、と筆者は考察します。

 

本日の更新記事は、会田弘継さんの好評連載「国際論壇レビュー:実は四面楚歌『イスラム国』への『現実的な処方箋』」です。次々と大規模なテロを仕掛ける「イスラム国」に世界は戦々恐々ですが、冷静に分析すると、恐れ過ぎることは罠にはまることだと気づかされます。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順