【木】大王製紙「内紛」、ボコ・ハラム(下)

執筆者:フォーサイト編集部 2016年4月14日

本日の更新記事は、フォーサイト初登場の経済ジャーナリスト・大西康之さんの「バカラの帝王『大王製紙』創業家VS経営陣『お家騒動』の行方」です。社長時代にバカラ賭博の借金100億円以上を子会社から流用し実刑判決を受けた大王製紙元会長。事件後、その創業一族と経営陣との間で泥沼の争いが続いていました。

 

また「専門家の部屋」の「アフリカ」には「ボコ・ハラムの変容(下)『敗北宣言』と『ネットワーク化』」(白戸圭一さん)の新エントリ。ボコ・ハラムの2代目指導者アブバカル・シェカルは、3月24日「私にとって終わりが来た」と声明。拉致された多くの女子学生は行方不明のままだが、一体何が起こっているのか?

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順