【月】饗宴外交、徳岡さん新連載、北朝鮮

執筆者:フォーサイト編集部 2016年4月18日

先週末に、徳岡孝夫さんの新連載「風が時間を」をスタートさせました。実はこの記事は『新潮45』に掲載された連載の転載。連載自体は同誌で数年続いているものですが、新たなエピソード「まことの弱法師」が始まるのに伴い、フォーサイト会員にもお読みいただくことにしました。このエピソードは、1960年から61年にかけ、徳岡さんがフルブライト奨学生として米シラキューズ大に留学していたころの話。徳岡さんが当時お書きになった日本への手紙の内容も交え、時代を振り返ります。このところ、徳岡さんはこの連載スタートに注力されていましたが、「クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?」も終了したわけではありません。近いうちに新作をお届けできると思いますので、しばらくお待ちくださいませ。

 

そして本日の更新記事は、西川恵さんの好評連載「饗宴外交の舞台裏」第215回「米大統領『キューバ訪問』で供された『スペインワイン』の意味」です。歴史的な国交回復を経て米大統領として88年ぶりにキューバを訪問したオバマ氏。歓待したカストロ議長がもてなしに用意したのは、なぜかキューバ産ではなくスペイン産ワインでした。

 

また「専門家の部屋」の「朝鮮半島」には「相次いだ『脱北情報』と『韓国総選挙』の関係」(平井久志さん)の新エントリ。韓国大統領選の投票直前に明らかになった「北朝鮮レストラン従業員13人」と「北朝鮮偵察当局幹部」の亡命。政権・与党の意図的なリークの可能性が濃厚ですが、結局、選挙は与党大惨敗の結果となりました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順