国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(77)

「天皇の生前退位」を歴史の中で考える

関裕二
執筆者:関裕二 2016年7月26日
カテゴリ: 社会 文化・歴史
エリア: 日本
7月25日、那須の御用邸へ出発される天皇、皇后両陛下(JR東京駅)(C)時事

 今上天皇の生前退位の是非をめぐって、議論が交わされ、波紋が広がっている。皇室典範に退位の規定はないが、ご高齢の天皇陛下に激務を強要するのもはばかられる……。ここは思案のしどころだ。
 様々な意見がある。皇室典範を改めれば、権力者が恣意的に運用し、退位を強要する事態も起きかねないと危惧する人たち。皇太子殿下を摂政に立てて、執務を代行していただいてはどうかという案もあるが、結論はなかなか出そうにない。
 歴史をふり返れば、天皇の譲位は珍しいことではなかった。ここ200年、譲位はないが、それ以前、約半数の天皇は、生前退位をされていたのだ。
 古代も、譲位は頻繁に行われていた。7世紀から8世紀、そして平安時代後期に、ピークがあり、それぞれに異なる事情が隠されていた。前半は「利用される王家の悲劇」であり、後半は「暴走する王家」である。

権力闘争に翻弄された女帝たち

 最初の譲位は、皇極4年(645)6月のことだ。飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)大極殿で蘇我入鹿が殺され、この直後、皇極天皇は弟の軽皇子(孝徳天皇)に皇位を譲り、孝徳天皇が亡くなると、ふたたび即位した(斉明天皇。これを重祚という)。
 なぜ皇極は2度担ぎ上げられたのだろう。相対する勢力それぞれが、皇極天皇の利用価値を知っていて(物部氏の強力な後押しがあったと筆者はみる)、主導権争いに利用したのだ。最初が親蘇我政権、次が反蘇我政権だ。
 権力闘争に翻弄された女帝の悲劇が、ここにある。
 このあと、反蘇我派の藤原氏が次第に力をつけ、天皇の外戚になることで、確固たる地位を築いていく。この過程で、持統天皇、元明天皇、元正天皇ら女帝が次々と立ち、そして譲位していく。藤原不比等の孫・首皇子(聖武天皇)即位までの「時間稼ぎ」「中継ぎ」と考えられている。要は、藤原氏に利用されたのだ。
 ところで、元明天皇は霊亀元年(715)に娘(元正天皇)に皇位を譲っているが、その際、不満を漏らしていた。「この俗世の煩わしさから逃れたい」「履き物を脱ぎ捨てるように、皇位をけりたい」と言い放っている。権力者(藤原氏)に利用されてきたことが、よほど腹に据えかねていたのだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順