池内恵

上海協力機構はG7に対抗する「非米同盟」の核となるか?

2018年6月7日 01:23
6月8・9日、G7サミットがカナダ東部のシャルルボワで開かれる。今回の注目点は、トランプ大統領のイラン核合意離脱や保護主義的な通商政策をめぐって、米国と、ドイツや西欧、そして英国や日本まで含めた西側先進国の「その他」との間に、どれだけ亀裂が表面化するか、だろう…
<<池内恵の中東通信に戻る
執筆者プロフィール
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター、グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
中東通信の最新記事

コロナ危機でネタニヤフが延命 イスラエルで挙国一致内閣が成立の見通し

3月26日、イスラエルでベンヤミン・ネタニヤフ首相と、対抗馬で「青と白」選挙連合を率いるベニー・ガンツ元参謀総長が、新型コロナウイルス蔓延による危機を背景にした大連立での組閣に合意した模様だ。3月25日に両者は3月2日の議会(クネセット)総選挙投票以来2回目の電話…
続きを読む>>

入国制限・都市封鎖への「出口戦略」は

全世界的に、外国人の入国拒否・自国民の旅行制限と帰国者の隔離、社会的隔離、都市封鎖が進む。グローバル化が急停止している。サウジアラビアなどペルシア湾岸の産油国も次々と国境を閉じた。最初はペルシア湾対岸で感染爆発が著しいイランとの国境を閉じたのを手始めに、メ…
続きを読む>>

イラン革命体制の高齢化した指導層は新型コロナに脆弱か

不謹慎と言われるかもしれないが、イランでの新型コロナウイルスの爆発的な広がりは、イランのイスラーム革命体制の指導中枢の最も弱い部分、すなわちその「高齢化」を直撃しているのではないか、と推測せざるを得ない。革命は往々にして「若者」によって主導される。イラン革…
続きを読む>>

早期に米国からの入国を止めたイスラエルの「先見の明」

新型コロナウイルス問題の広がりで、ここ数日で、各国が全面的に国境を閉じる流れが定まったようだ。グローバル化を一時的に振り出しに戻すと言っていいほどの、人間の動きの制約・停止措置が全世界的に広がりそうだ。これがいつの時点で収束し、解除されるか、誰がリーダーシ…
続きを読む>>

岩瀬昇さんの2つのフレーズ

先ほど本欄で、参議院の資源エネルギー調査会での岩瀬昇さんの参考人陳述を視聴している、と呟いておいたが、岩瀬さんが限られた時間の中で、解説に言葉を尽くしながらも、いくつかの持論を、的確にその場に届けていくのに感銘を受けた。エネルギー市場の基本性質については、…
続きを読む>>

<<池内恵の中東通信に戻る
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top