「辱め」という視点で読み解く「個人攻撃マシーン」化した社会

Cathy O’neil『The Shame Machine』

執筆者:植田かもめ 2022年4月24日
カテゴリ: カルチャー
 
ネット上では、今や毎日誰かが叩かれている。「恥ずかしくないのか?」という「シェイム」の感情を武器にして、バッシング対象を社会から追い出すキャンセル・カルチャーは止めることはできないのか。相手を辱める「シェイミング」は、社会的な問題の責任を個人に転嫁してしまう危険を孕む。

 「責任あるAI」という言葉をご存知だろうか。AI(人工知能)は既に社会の様々な場面で実装されているが、AIが下す判断の多くは人間にとってブラックボックスであり、その根拠を検証できない。結果的に、例えば特定の人種や性別の人間だけが企業の採用評価で低いスコアを受けるといった事態が起こり得る。差別や偏見が、AIのアルゴリズムによって温存され助長されるのだ。「責任あるAI」とはこうした問題を改善し、AIの透明性の向上を目指す概念である。

 こうしたAIの不公正の問題にいち早く警鐘を鳴らしていたのが、データサイエンティストであり数学者であるキャシー・オニールである。前著『あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠』(インターシフト刊)で彼女は上記の問題を指摘した。オニールは「有害なアルゴリズム」を第三者として監査する機関を設立し、CEO(最高経営責任者)も務めている。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
植田かもめ 洋書を中心とした書評家。Webメディアや雑誌への寄稿を行う。フィクション、アート、ビジネス、テクノロジー、科学などジャンル問わずに未訳本を紹介するブログ「未翻訳ブックレビュー」を運営。本業は経営やITのコンサルタント。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top