国民の期待に答える真の立憲民主党になるには

o
トピック作成者
ookubohiroyuki2015
2018年07月04日17時25分
健全な野党居ないから世の中変な世間になっています。安倍さんははぐらかし答弁に終始しています。強力な野党の出現はどうしたら良いか。立憲民主はどうしたら良いか。ご意見を宜しくお願いします。

    r
    投稿者:ryoichiro19702018年08月01日17時59分
     強力な野党が政権を担えるという意味であれば、強力な野党の出現のためには強力な支持基盤が必要だと考えます。そのうえで、立場の弱い人たちのことを、どの程度政策に反映するかでしかないでしょう。
     「弱い立場」が高齢者であれば、年金を削らない自民党、子育て世代であれば、待機児童ゼロを掲げる自民党、非正規雇用の人たちであれば、同一労働同一賃金を掲げる自民党は相応に政策展開してます。

     現政権の国会答弁に納得できるわけではありませんが、今の野党が課題を解決できるようには見えません。立憲民政党に限りませんが、強力な野党となるためには、離合集散を繰り返さずに、せめて10年は同じ看板で、政策を主張し続けることが必要だと思います。
     人がついていくのは理念だけではなく、「長く続けているから」という安定感も重要だと考えるからです。
    t
    投稿者:tm2018年07月31日12時47分
    共産主義的発想とでも言おうか、弱者と強者という皮相な二元論に基づく議論に意味があるとは思わない.
    o
    投稿者:ookubohiroyuki20152018年07月28日07時49分
    皆さんの意見は誠に現在の野党に取って厳しい。しかしこのような政治状況で良い筈がありません。自民党が強い立場の人々を代表していると思います。問題は弱い立場の人々を代表する政党が日本はなかなか育たない。どうすれば良いか。良い案をおねがいします。
    t
    投稿者:tm2018年07月15日19時34分
    共産党もどきの政党を支持したところで国政の停滞を招くだけ. 百害あって一利無し. 執行部の極左政治家が共産党に移れば少しは まとも になるかも知れないが、期待はしない. 破防法に基づく調査対象団体のうち、共産党を含む民主主義打倒を目論む勢力は非合法化すべきだろう.
    H
    投稿者:HIRO2018年07月13日16時29分
    TV討論番組等での平等な出演が、口先だけで知名度が上がる結果に因るものと思います。
    以前の口先だけの改革や政策つまり、沖縄基地問題はその際たるものだし、尖閣国有化で中国の介入を招いたにも関わらず、未だに失敗だったと認めていません。所詮健全な野党なんて、青い鳥を探し続けている青い論議です。変な世の中になっていると感じるのは、大局観・歴史観の乏しい議員が多すぎるからです。いっそ、此奴だけは議員にしたくないという、「X」の投票を認めて欲しいくらいです。
    o
    投稿者:ookubohiroyuki20152018年07月12日00時48分
    私が考えるには政治が国民のために完全になっていない。その原因は何のか。第一に有権者の中に税金を納められない人がいわゆる貧困層の人々が含まれていない。第二に投票率は関係なく当選者が決まってしまう。層取りするのであれば考えるべきだ。第三に当選してしまえ婆後の生活が補償されることだ。眠ってても良いことになる。真の政治、民主主義、理想の社会の構築の道のりは遠いのかなぁ。
    A
    投稿者:AprilHare2018年07月11日20時19分
    政策決定のスピードが遅く、決まった政策も(質は良いものの)小粒だというのは弱点だと思います。
    参院改革における「選挙区2減2増」案にしても、公明や維新が提案する大選挙区制や共産が提案する全面比例制のような抜本的解決ではありません。
    確かに、応急処置としては、国民民主が提案する「選挙区2増比例2減」や自民が提案する「抜本改革を自称する選挙区2増比例指定席4増」よりは優れています。しかし「自民よりはマシ」というのは称賛として使うには悲しい言葉です。

    結成から一年足らずで組織としてはまだまだ未熟で、少政党故に万事に手が足らず、将来を見据えるからこそ今は地道な努力の時期なのかもしれませんが、さらなる努力を期待したいものです。

    >Kewさん

    ローマでも何でも、一日では成りません。
    ただの健全野党でも強力な野党でもなく国家を担う責任政党になることを要求するのならば尚更、長い目で見るべきではないかと思います。
    n
    投稿者:nekosuki2018年07月10日22時04分
    健全な野党になるには"健全な政党"にならなければなりません。野党としての意識が過剰すぎます。阿倍さんのお陰で野党としての役回りをさせてもらっているようなものです。おそらく阿倍さんがいなかったら野党としての存在意義は霧消してしまうことになるでしょう。与党を批判しこき下ろすだけでは"政党"にはなれません。我が国には野党はかくあるべしというステレオタイプの形があるらしく、昔の社会党がそれでした。立憲民主党もその感覚にすっぽりと浸かっている感じです。これでは自民党の先を行くことはできません。先ず自民党との対抗軸ありきから卒業すべきではないでしょうか。現状は自民党に食べさせてもらっているようなものです。
    野党としての定型的な発想を棄てて"政党"に回帰すべきです。それがスタートラインです。
    o
    投稿者:ookubohiroyuki20152018年07月09日18時14分
    いやぁK ewさんの指摘は痛い。私も野党の例えば国民民主党や立憲民主の大会に顔を出して今大河ドラマ西郷ドンみたいなやつはいないのか。鼓舞しているところですよ。世の中は立場の弱いグループがリーダーとなって初めて良くなると確信している。焼身自殺するぐらいの議員はいないのか。野党の再生はどうしたら良いか。いつぱい待ってます。
    K
    投稿者:Kew2018年07月09日13時44分
    国民が求めているのは「健全な野党」でも「強力な野党」でも有りません。 無責任な野党で議員特権を享受している方が居心地が良いのでしょうが、その万年野党根性がそもそもの間違いです。 国民はいわゆる「立ちすくむ国家」の運営を任せられる責任政党を求めているのです。 平凡ですが、政権を担える責任政党としての党是とその実現に向けてのビジョンを国民に明示し、現在および近未来の国内外の現実を直視した、実現可能で一貫性のある政策を提言する事ではないでしょうか。 試しに政権を担当させてみたらあの体たらく、野党に戻ったら国会の空費に意気揚々、万年野党が染みついた政治屋には懲り懲りです。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top