クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

親より貧しい世代

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2011年12月13日
カテゴリ: 国際 社会 金融

 暮から正月にかけ誰しもカネの出入りが増える季節に、また振り込め詐欺が増勢に転じているという。  最近のは手が込んでいて、先に電話して風邪を引いて声が変わったと親に知らせる。次に会社のカネを使い込んだと訴える。×日までに弁償しないと警察沙汰にされる。  何月何日何時に貰いに帰るからカネの用意をしておいてくれと頼むので、親は現金を封筒に入れ、用意して待っている。定刻、息子とは違う若い男が現われる。「ウチの子は?」「いま金策で走り回っているんです。おカネは、ぼくが取りあえず預かっておきます」。若い男は封筒を持って去り、振り込め詐欺は完了する。  警察はCMを流して詐欺の手口を具体的に演じてみせ、引っかからないよう警報を発しているが、減る気配はあまりない。  事件はニュースになって報じられる。ほとんどの老人は「ほほう、うまいことやるなあ」「ウチも気をつけようね」と反応して終わる。私はそれより1つ多い感慨があるが、滅多にそれを口に出さない。  それを言うのは、詐欺に引っかかって虎の子を持っていかれた方に気の毒である。だからここでも遠慮しながら触れるだけに止めたい。私が振り込め詐欺のニュースを聞いてひそかに感じるのは「年寄りは持ってるなあ」という感慨である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順