クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

中国大使館参事官よ出てこい!

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2006年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 一九六〇年代の話。バンコクへ特派員として赴任した私は、日本大使館へ挨拶に行った。大した情報の出どこではないが、まあ表敬訪問である。大使室で名刺を出して「秋には佐藤総理が訪タイされますが」と会話を試みた。大使は言下に答えた。「あんなヤツ、世が世ならば叩ッ殺してやるところだ」 内心おやおやと呆れた。だが、この人はこういう物の言い方をする人なんだろうと善意に解釈し、着任の挨拶だけで帰った。いまでも少し後悔している。オフレコの約束もなかったし、あれは「現地の××大使は今秋に公式訪問する佐藤栄作首相を、口を極めて罵った」と、記事にすべきだった。 ヘンな大使は、日本だけではないらしい。「ジャカルタ駐在のパレスチナ大使が発狂した」という小さい記事がアジアの新聞に出ていた。 リビヒ・アワド氏は六十五歳。パレスチナ大使の印綬を帯びてジャカルタに来て十四年になる。この一月に帰還命令が出たが、無視して居座っている。大使としての職務は、何一つ遂行していない。臨時代理大使は「大使の精神状態には重大な疑問がある」、つまり発狂したとインドネシア外務省に連絡した。外交特権を持つ人が大使館を兼ねた公邸に住んでいるから、インドネシア政府は彼を放り出せない。後任はまだ決まっていない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順