クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

キューバの半世紀 

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2015年1月15日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア 中南米 北米

 大学の敷地に沿ったバス通りの夜道を、背を丸めて歩きながら、ルームメイトがボソリと言った。

「今夜、アメリカ合衆国の運命が決まるんだなあ」

 1961年4月の夜だった。彼と私は、大学の正門に近い小さい料理店へ、夕食に行くところだった。大学院生の寮の食堂で出す夕食より安くて旨いのである。そのうえ親爺は気のいい男で、「日本人は魚が好きだろ。いいのを仕入れておいたぜ」と言って私にはいつも魚のフライを出し、タルタル・ソースを2人分張り込んでくれた。

 

 ニューヨーク州中部の湖水地帯に近い大学町はまだ春浅く、日がとっぷり暮れたバス道は暗く寒かった。

 その日の午後のニュースが言っていた。

「米国に亡命しているキューバ人の義勇軍が、船何隻かでキューバのBay of Pigsに逆上陸した。マイアミから至近距離。カストロのキューバ政府軍が迎え撃ち、ただいま交戦中。ホワイトハウスのケネディ大統領は……」

 私は聞いて「ふーん、そうか」と聞き流した。「豚湾」とは滑稽な地名だなと思っただけだった。

 だがアメリカ人にとっては焦眉の急なのだろうと想像できた。なにしろフロリダの沖に浮かぶ「カリブ海の真珠」ではあるが、アメリカ全家庭のコーヒーテーブルに載っている砂糖壷の中身は、ほぼ全部がキューバから来る。紳士が食後に喫う葉巻は、10本が10本キューバ産である。文豪ヘミングウエイは、『老人と海』などでキューバと運命的に結びついている(その年の7月に猟銃で自殺)。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順