クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

世界金融危機を買うある零細投資家

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2008年12月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

「株」の市場が全世界で大混乱した。上げも凄いが、下げはもっと凄かった。本誌が読者の手に届く頃にも、風波はまだ鎮まっていないだろう。 一九三〇年代の大恐慌の頃、株価はテレタイプで来た。機械がガチャガチャと鳴ってチッカーテープを吐き出す音が、それを見る人間の恐怖の何分の一かを分担してくれた。いまでは電子の数字が、音もなくパネル上に並ぶ。その怖さ、ひとしおだろう。刺客は無言で刺す。アイスランドは、運用を間違ったばっかりに静かに沈没した。 いまは、それに加えて世界中が繋がっている。一犬が吠えるかと見てとると、万犬が先回りして吠える。破局を招きやすい条件が整っている。私も暗い顔で証券欄を見ていた。 すると「日経」(十月十八日夕刊)の片隅に短い記事があった。ウォレン・バフェットという私には未知な米国の投資家が、NYタイムズに寄稿して「私は米国株を買っている」と言ったという。聞き捨てならない話である。 聞けばバフェットは有名な投資家で、資産がビル・ゲイツに次ぐ大金持ちだとの話。彼が米国株を買う理由は「他の人が欲張っているときには恐れを抱き、他の人が恐怖にさいなまれているときに強欲になる」からだと、本人が言っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順