クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

「ヨーロッパの栄光」の犠牲

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2000年8月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 自動車メーカーもそうだが、あらゆるメーカーには開発・設計、組み立て、メンテナンス、採算を考える四部門がある。それぞれに最善を尽くすが、一方で互いに牽制し合う。いくら凄い新製品を設計しても、ソロバンに合わなければ製造しない。それが常道なのに、採算を度外視して凄いものを作ってしまった。超音速旅客機コンコルドの悲劇は、そこにあったのではないか。 ヨーロッパの一致・和合の象徴として計画発表された一九六二年、フランスはドゴール大統領だった。何が何でも「西洋の没落」を食い止めるぞという強い意志の人だった。英仏の科学者は知恵を絞り、技術の粋を集めてコンコルドを造った。就航して三十年近く、それは二百万人超を「音の壁」を破って無事に運んだ。 しかし、あらゆる機械は時間とともにへばってくる。メンテナンスはキチンとやってるはずだが、採算の合わない機械の維持・補修はついおろそかになる。三時間半で大西洋を飛ぶのは結構だが、往復一万一千ドルだという。金持ちや有名人がひとわたり乗ってしまえば、誰が無理算段までして乗りたがるだろう。 六〇年代から八〇年代初頭にかけ、コンコルドは十数機組み立てられ、それでおしまいだった。パリで墜落したニューヨーク行き四五九〇便には乗員を含め百九人乗っていたが、一週間後に小トラブルを起したロンドン発ニューヨーク便(二時間延着)には、三十三人しか乗っていなかった。明らかに儲かっていない旅客機である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順