クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

靖国にいるのは戦争の犠牲者か

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2001年9月号
カテゴリ: 文化・歴史

 終戦後、日本人の序列意識がまだ強烈な頃(役人はいまも強烈だが)、世の中で最も偉いのは東大を出た人だった。それを教える東大教授は雲にそびえる峰で、まして東大総長は沖天に輝く知恵の星と見られていた。 南原繁という東大総長は、卒業式で大演説をした。教え子を世に送るにあたり、きみたちはこう生きよと言うならまだしも、日本の政治や外交のあるべき姿について演説した。新聞は、そのたび彼の高邁にして英明な言葉を逐一報じた。 その南原を指して、吉田茂首相は「曲学阿世の徒」と罵った。真理を曲げて世に阿る奴ばらだとコキ下ろしたのである。世間は吉田の言説より、東大総長が罵倒されたことに驚いた。 実は今日でも、当時の東大総長訓辞に似たものがあって、それは八月十五日の全国戦没者追悼式(武道館)での総理大臣式辞と首相談話である。英霊を悼むのが眼目のはずなのに、各首相は大きく風呂敷を広げ、日本人よ戦争と平和をこう考えよ、俺はこう考えておるぞと内外に知らしめる。 今年の小泉首相は式辞の中で「祖国のために心ならずも命を落とされた戦没者の方々の犠牲の上に(今日の日本が)築かれていることに……」と述べた。談話でも「その尊い犠牲」に言い及んだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順