クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

いまに爆発する あの民族不審国

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2002年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 夜が更け、仕事が最もはかどる時間だった。電話が鳴って、出ると親しい友からだった。「えらいこっちゃ、日本が北朝鮮の船を撃沈した。きっと報復がある。お前んとこ、米は十分あるか?」 驚いてラジオを入れると、事件は奄美大島沖のことで、沈んだ船から投げ出された三人を、いま救おうとしている。だが武器を持っている危険があるし、夜の海は荒れているという。米びつを調べると、あとまだ一週間分くらいある。無ければ……近くのスーパーは夜の十二時まで開いている。 テレビをつけてみた。お笑い番組をやっていた。ふざけた画面に、ニュースが字だけ流れる。友は「そうやろ? それを平和ボケというんや」と言った。 相手が沈むのを至近距離から見た巡視船の船長が「急に出火してびっくりした」と記者会見で語った。撃没ではなく自爆である。だが彼らの国はノドン、テポドンを持っている。撃沈されたから報復だと称し、日本にミサイルを撃ち込みかねない国である。日本人のうち何人が、手持ちの米の量を点検しただろうか。 いつ、どこで申し合わせたのか、日本のマスコミは一斉に「不審船」と言ったり書いたりしている。誰かが訴訟を起し、最高裁かどこかで刑が確定するまで、あれは北朝鮮の船だと呼びたくないらしい。私はせめて「武装船」と呼びたい。ヤツらは携帯用ロケット・ランチャーまで持ち、巡視船三隻のうち二隻に一発ずつ発射した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順