クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

大事なときにミスキャスト

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2002年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 誰か文芸評論家が、上手に戯文を書かないかと待っていたが、書く気配がないので私が書く。森鴎外の長編小説『青年』の主人公は、名を小泉純一といい、ただいまの総理大臣を連想させるし、そこはかとない共通点がある。 明治の小説によくあるように、名は体を表わす。この主人公も、上京して真面目に文学を志す、小さな泉から湧く清水のように純な青年である。漱石そっくりの人物を訪問したり、同郷の年上の未亡人と怪しい雰囲気になったりする。暗い森みたいな前任者と比べ、いまの小泉も政界の泥にまみれず、少し「名は体」を感じさせる。 その『青年』の中で、鴎外は面白いことを言っている。「なんでも日本へ持つて来ると小さくなる。ニイチエも小さくなる。トルストイも小さくなる」というのである。私は現代の小泉純一郎も、宗男や清美の大騒動を見やって、同じ感想を持ったんじゃないかと推量する。 いま世界は、外交官を恫喝したの、秘書の月給をごまかしたので昂奮するような呑気な世界ではない。早く中東の火を消さないと、大変なところへ来ている。 新聞記者だった私は事の大小より、世界という新聞のほとんどのページを日本人以外の人々が書き、日本人が書かせてもらえるのは地方版だけだと感じる。ローカルなニュースで騒ぐのは、ええ加減にせえよと言いたくなる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順