クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

平壌、バグダッド 9.11一周忌

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2002年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米 朝鮮半島

 ちょうどテレビをつけていたとき「小泉訪朝」のフラッシュが流れた。途端に三十一年以上の昔を思い出した。一九七一年七月、ニクソンが補佐官キッシンジャーを北京にやったと発表した日と似た驚き。 駐日米大使は、そのとき散髪中だったが、椅子から転げ落ちそうになった。一瞬ラジオのアナウンサーがハノイを北京と言い間違えたかと疑ったと回想している。現役の週刊誌記者だった私も、我が耳が信じられなかった。 本誌が読者の手に届く頃には、小泉首相は平壌に行って帰っている。だから予言めいたことを書いて恥をさらしたくないが、私は「行って何の役に立つか」「景気対策の方が大切だ」などと首相を冷笑する言論には賛成しかねる。ムダかも知れないが、日本の首相が行かなければ拉致された十一人は、まず帰って来ない。戦後の日本の首相で、これほどの決断力と行動力を示した人がいたか? 日韓交渉は十四年かかった。日本は基本条約により韓国を「朝鮮における唯一の合法政府」と認めた。日朝国交がオイソレと結べるとは思えないが、無責任な予測を書くまい。 本誌が出るまでに起ってしまっている可能性のある大事が、もう一つある。アメリカのイラク攻撃である。これも迂闊なことは書けないが、9.11テロ一周忌のグラウンド・ゼロが深い祈りの場所になるだろうことは間違いなさそうだ。三千人近い罪なき非戦闘員が殺された惨劇の跡で祈る。アメリカ人の立派なところである。対米憎悪の色に彩られた広島市長の「平和宣言」など話にならない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順