過激派数百人がイラクからサウジに帰国

執筆者: 2004年9月号
タグ: サウジ
エリア: 中東

 サウジアラビアからイラクに潜入していたアル・カエダ要員ら数百人以上の過激派が最近、サウジに戻りつつある。 サウジ治安当局筋によると、七月初めに同国政府の恩赦措置に応じて、サウジ出身のテロ容疑者とされるオスマン・アムリという男が出頭し、彼の供述から、昨年来イラク各地に潜伏していたアル・カエダやイスラム過激派が六月末以降、次々とサウジに帰国していることが判明したという。 その数は最低でも二百人、最高で六百人程度と推定されており、中には、サウジの有力過激派組織の新指導者とみられるサレハ・アウィ(三八)が含まれていることもわかった。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top