株高→金利高で森ビルに集まる「注目」

執筆者: 2005年11月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

 六本木ヒルズの自動回転ドア事故で元常務に有罪判決が出た森ビル。燻り続けてきた経営問題にも、あらためて注目が集まっている。 物件の自社保有にこだわってきた森ビルは、非上場のため資金調達は金融機関からの借入に依存している。しかし年間売上高の四倍にあたる六千五百億円もの有利子負債を抱えており、景気回復にともなって金利が上昇すれば、資金繰りが厳しくなることは避けられない。 実際、森ビルの取引銀行各行は、これまで森稔社長の顔を立てて無担保融資に応じていた姿勢を改める方向だ。一部には同社の債務者区分を「破綻懸念先近くまで落とし、引当金を積み増した」(大手銀行幹部)ところもあるという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top