シリア「アサド政権打倒」をイスラエルが目指す理由

執筆者: 2004年1月号
エリア: 中東

 シリアはこのほど、イランや中国の支援を得て、スカッド・ミサイル約千基の地下貯蔵・発射施設の建設を完了した模様だ。同ミサイルは千ポンドの高性能爆薬とクラスター爆弾型弾頭を搭載し、イスラエルの核兵器施設や飛行場を標的にしているといわれる。 だが、イスラエルのシャロン政権がシリアの同ミサイル施設完成を機にアサド政権打倒を目指し、行動を起こす可能性が出てきたとの見方がある。イスラエルは十月初め、ダマスカス近郊のパレスチナ訓練キャンプを爆撃、三十年ぶりのシリア領攻撃を行なうなど示威行為を強化している。 中東軍事筋は「イスラエルはシリアを挑発し、出方を探った」と指摘するとともに「シリアのミサイル施設の完成は自国への重大脅威とみなし、この際、アサド政権を転覆させる方針に傾きつつあるようだ」と語っている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top