あのハリバートンがイランのガス田に触手

執筆者: 2004年8月号
エリア: 中東 北米

 軍事目的の原子力開発が疑われるイランで、米エネルギー企業ハリバートンが石油事業の獲得に動いている模様だ。ハリバートンはかつてチェイニー副大統領がCEO(最高経営責任者)を務めるなど、アメリカ政界との深いつながりを持つ。 消息筋によれば、ハリバートンは関連企業、オイル・オリエンタル・キッシュ社を利用して、イランがペルシャ湾で進めているサウスパルス・ガス開発の掘削事業(総額三億ドル)の獲得を目指しているという。同社は企業登録こそ英国で行なわれているものの、対イラン制裁法の下、イランで公の活動ができないハリバートンの「隠れ蓑」だと見られている。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top